簡単!会計ソフトの使いかた

仕訳と金額と摘要を入力していく

会社で起きている行動を取引と言います。資産の動かない取引もありますが動く取引もあります。この時に会計処理をし、利益の計算や今の資産の残高などを集計します。手書きでも行えますが、会計ソフトを使うと簡単に行えます。入力する基本は、仕訳と金額と摘要、そして日付などになるでしょう。仕訳は資産や負債、資本、売上や経費の種類を入力していきます。最初は戸惑うかもしれませんが、支援してくれるシステムなどもあります。金額は実際に発生した金額などを入力します。摘要は、後でその仕訳の内容が分かるように入力します。自分自身の確認もありますが、税務調査が入ったときなどにも答えやすくなります。摘要もある程度自動的に入力する仕組みがあります。

経営の状況が簡単に分析できる

会計ソフトは、経理データを入力しておくと決算書や税務申告などに役立ちます。事務的な手続きをするためのソフトになります。起きた内容を記録して、後で結果を報告するためのツールと言えます。ただそれだけの使い方だと少しもったいないかもしれません。使い方によっては将来の売り上げ増、経費を削減し利益をアップできる可能性があります。データがきちんと入っていれば、過去の様子が分かります。売上がどのくらい伸びているのか、経費に無駄がないかなどが分かり、適切な経営判断を支援してくれます。クラウドタイプであれば、経理担当者でなくても経営者が自分でスマホなどからログインして今の状況を確認できます。業績アップのために使えるツールです。

© Copyright Input Business Analysis. All Rights Reserved.